腸内細菌を増やす事を考えるとオリゴ糖が一番?

オリゴ糖は、さまざまな研究を経てビフィズス菌などの腸内細菌との関係が分かってきています。オリゴ糖は、ビフィズス菌のえさになって働きます。

 

オリゴ糖の働きについて

 

大抵のオリゴ糖は、腸までに達する前にさまざまな消化酵素により分解されてしまうのですが、その中に分解されないものがあり、腸まで生きたまま届くことができるのです。今オリゴ糖はいろんな生理活性作用が期待されていて、健康食品などにもたくさん利用されています。腸内細菌である善玉菌を増やす効果があると言われています。

 

免疫機能との関係について

腸の中では人間の体内の70%の免疫力を作りだしているところと言われています。もちろん、そのためには腸内環境がいい方がいいですね。腸内を整えるためにも、オリゴ糖を摂取する事は効果的だと言えます。しかし、このオリゴ糖と呼ばれるものもさまざまな種類があり、1種類のオリゴ糖を摂っただけでは意味がありません。

 

複数のオリゴ糖を摂らねばならない理由とは?

複数のオリゴ糖を一緒に摂取することが理想なのです。そうすることで善玉の腸内細菌の生育量を高めることができます。でしたら、一気にいいオリゴ糖を摂りたい所ですね。この理想的なオリゴ糖摂取にオススメなのが、カイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴが良い理由

カイテキオリゴの中には、30種類のオリゴ糖が入っています。複数摂取できるので、とても理想的だと言えます。カイテキオリゴを使うと、他のオリゴ糖を試したことがある人はすぐに効果の違いがわかるはずです。私も便秘に悩んでいて、さまざまな便秘解消方法を試してきました。腹筋や水分補給、食物繊維の摂取などさまざま試してきましたがなかなか効果が出ませんでした。

 

オリゴ糖もいいと聞いて試していましたが、特別効果が見られるものではなかったのです。昔からの便秘体質は治るものではないのではないかとあきらめていました。

 

なので、私も最初の内はカイテキオリゴの話を聞いてもまた同じではないかと思っていました。ですが、他のオリゴ糖とは違いました。びっくりするくらいに便秘も解消し、腸内細菌のバランスがよくなり、腸内環境が良くなったせいか肌の調子も良くなりました。たくさんの人からカイテキオリゴが愛されている理由が分かった気がします。

 

腸内環境がまだ整っていない赤ちゃんにも安心して使えるオリゴ糖です。混ぜた食品の味を変えることなく、手軽に摂取できるのが特徴でオススメですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<