脱出方法は?辛いダイエットの停滞期について

ダイエットの停滞期の脱出方法とはなんでしょうか?

ここで言う停滞期はダイエットをする人の気が緩み、ダイエットを怠る期間のことを言っているのではありません。

 

停滞期について

ダイエットをずっと真剣に取り組んでいるにもかかわらず体重の変化がほとんど見られなくなる一定の期間の事を指します。

ほとんどの方がこの一定期間を経験し、もう頑張っても意味がないと感じ、ダイエットをあきらめてしまいます。

どうして停滞期というものが訪れるのでしょうか?

脱出方法は何ですか?

まずはどうして停滞期が訪れるのか考察していきましょう。

ダイエットをする期間、人間はカロリー摂取量が極端に減ります。

ざっと今までの半分から3分の1ほどになるでしょう。

 

カロリー摂取量が減ると、一ヶ月に5kgくらいは簡単に減るでしょう。

このときに停滞期というのが訪れます。

身体は摂取カロリー減ってきたことを覚え始め、少ないカロリーでも体を維持できるように変化するからです。

 

◯ 具体的な数値について

いままで腸を100のエネルギーが通過していたとします。

そのうち半分の50のエネルギーを身体は栄養として摂取してきました。

しかし停滞期に入ると100のエネルギーのうちの80を身体に蓄えようと変化するのです。

 

この時にダイエットをやめるのが一番危険で、200のエネルギーを摂取するとどうなりますか?

160のエネルギーを身体は溜め込んでしまうのです。

つまりリバウンドするのです。

では続いて、脱出方法を考察していきましょう。

 

ダイエットの停滞期、脱出方法の考査について

この停滞期の期間は、もちろん人によって差があるのですが、短くて1ヶ月、長くて3ヶ月です。

つまりこの期間体重が減らなくても、努力を続けなくてはいけません。

 

やはり身体この期間を過ぎると、やはりエネルギー不足と感じ、再び体内の脂肪分をエネルギーとして摂取しようとするのです。

 

◯大切な事はやはり

続いて必要なのは、ダイエットを続けることです。

停滞期の1~3ヶ月もダイエットを続けましょう。

そうすれば再び体重は減り続け、体がスマートになった状態で、身体はもう予備のエネルギーはないと判断し、再び停滞期に入ってくれるのです。

 

このとき真の低燃費高性能のスーパーな身体を手に入れることができるのです。

希望の体重まで痩せたからといって普通に戻したらすぐにリバウンドするので気をつけましょうね。