断食時のミルマグ服用について

近年健康のために断食療法を実行しているという方が増えてきているようです。

週末だけで行うプチ断食や、専門家によってつくられたプログラムに沿って1週間程生活する合宿のような形式のもの等様々です。

英語のファスティングという言葉を使う場合もあります。

 

断食をすることにより、内蔵や脳を休めることができ身体本来の機能が回復します。

また、胃腸を空にすることで全身から毒素を排出することができ、免疫力も上がるようです。

 

断食中は口臭や体臭がきつくなるようですが、これは身体から毒素が出ているというサインです。

周囲の人には断食をはじめる前に伝えておいた方がいいかもしれませんね。

 

通常断食時にはだんだんと食事を減らし、断食が終わるとゆっくりと通常の食事へ戻していきます。

この間、食物の摂取量は当然少なくなるので、便秘になる可能性が高まります。

 

ミルマグは断食時の排泄を手伝ってくれるので、断食時に服用している方も少なくないようです。

また、体内に宿便が残っていると、断食をしても上手く効果が出なくなる可能性があります。

 

断食時は食物の摂取がないので、宿便を排泄するには絶好の機会ですね。

しかし、ミルマグはあくまでサポートのために服用するという意識を持っておくことが必要です。

 

特に断食中で身体が弱っている時の服用には気をつけましょう。

また、便秘は身体の代謝が落ちる原因にもなるので、便秘状態を避けるための下剤ダイエットをしているという方も少なくないですよね。しかしこれは断食とは全く異なり、身体への負担を生み、本来の機能を落とす可能性があるのでおすすめできません。

 

断食とミルマグを上手に組み合わせることで、腸内環境が改善できれば免疫力が上がりストレスやアレルギーからも強い身体を手に入れることができます。

また、専門家の元で断食生活を経験すれば食生活の見直しもしっかりとでき、その後の生活習慣も改善され健康に過ごしていけそうですね。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<
 

ミルマグが便秘に効く理由

ミルマグの主成分である水酸化マグネシウムには、腸への保湿効果があり腸内を潤った状態に導く機能があります。

これにより、腸内で硬くなり排泄されにくくなった便を軟らかくすることで排泄がスムーズになります。

 

硬くなった便が腸内にあると、腸の運動が鈍くなり便秘の原因となります。

この腸内に居座っている便を出してあげることで、腸が本来の動きを取り戻し便秘体質の改善にもつながります。

 

ミルマグは刺激性の便秘薬とは違い、腸が持っている力を使うので腹痛等の副作用を起こすことが少ないようです。

また、胃酸を中和する働きもあるので、消化器官のストレスを軽減してくれます。

 

水酸化マグネシウムの力を十分に発揮させるためには、ミルマグの服用と共に水分補給が重要となります。

ミルマグを服用しても、腸へ運んでいく水分がなければ効果が現れにくくなります。

 

ミルマグには錠剤と液体がありますが、働きはほとんど同じのようです。

しかし体質によってどちらかが効きやすいということがあるかもしれません。

 

錠剤も糖衣ではないので溶けやすく、口の中で溶かしたり水やジュースに混ぜて服用することもできますし、液体を飲み物に混ぜて服用することもできます。

ミルマグの機能を最大限に活かすには、水と服用するのが一番です。

 

特に毎日服用したり、就寝前に服用する場合は余計な糖分の摂取は避けることが賢明です。

便秘解消の効果が出るまでに服用し始めてから数日かかることもありますので、しばらくは焦らずに少量の服用を続けて様子をみてください。

 

また、効いてくると便秘に伴う頭重やのぼせ、肌荒れ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の症状の改善も期待できます。

便秘を放っておくと、腸内で発酵して臭いガスが出るようになったり口臭の原因にもつながります。

 

ミルマグで自然に近いお通じを習慣づけることができれば、身も心も軽くなり毎日をより楽しく過ごすことができそうですね。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<
 

ミルマグは妊婦さんの便秘にも使える?

妊娠してから便秘になったという妊婦さんも少なくないのではないでしょうか。

原因はホルモンバランスの変化や子宮による腸の圧迫、ストレスや摂取した水分が赤ちゃんに取られてしまい十分な水分を腸に届けられないということが挙げられます。

 

また、いきむと流産や赤ちゃんが出てきてしまうのではないかと心配することにより我慢してしまい、妊婦さんが便秘になってしまうこともありそうです。

実際にはある程度いきんでも赤ちゃんに影響はないようなので、しっかりと出しましょう。

 

便秘は母体や子宮に負担をかけることもあるので、ためらわず医師に相談してください。

また、妊婦さんの場合つわりによる食欲低下から便秘になることも多いようです。

 

ミルマグは制酸剤としての効能も持っており、胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、胃部膨満感、胃もたれ等の症状を緩和してくれます。

服用するタイミングによって胃で効くか腸で効くかが調整できるので便利です。

 

妊娠中は内蔵機能が低下するので、このような薬は活躍しそうですね。

しかし、妊娠中や授乳中に服用したい場合は、服用する前に必ず医師に相談をしましょう。

 

ミルマグは副作用が少なく、こどもからお年寄りまで使える薬ですが、妊娠中は普段と体質が変わっているので安全を確立させることが大切です。

ミルマグは身体への負担がちいさく、ストレス性の便秘に向いているので妊婦さんの便秘時に活躍してくれそうですね。

 

ミルマグは水酸化マグネシウムまたは硫酸マグネシウムを主成分としており、便秘体質の改善と便秘に伴う肌荒れや吹出物等の症状を治してくれます。

マグネシウムは胃や腸を直接刺激するのではなく、腸では水分を集めたり、胃では胃酸を中和して不快感を取り除いてくれます。

 

過剰な摂取は副作用につながる危険がありますが、規定量を守って服用すれば問題は起こりません。

妊婦さんもミルマグを上手に服用すれば、出産までの間も快適に過ごすことができそうですね。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<
 

ミルマグを朝飲む場合には

便秘薬として人気のミルマグは、水酸化マグネシウムを主成分とし緩下作用の他に胃酸を中和する制酸作用を持っています。

マグネシウム系の便秘薬は、副作用が少ないことで人気がありますが、腎臓を患っている方やカルシウム系のお薬を処方されている方等には向いていません。

できるだけ他の薬との併用は避けましょう。

 

ミルマグは就寝前にコップ1〜2杯のお水と共に服用するのが基本的な服用方法となっていますが、この服用法でなければ効果が出ないということではありません。

ミルマグを服用してから効果が現れるまでは4〜8時間とされています。就寝前にお水をたくさん飲むと不快感で眠りにくくなるという方も少なくないのではないでしょうか。

 

そんな方は、ミルマグを朝飲む習慣をつけてもいいかもしれません。

効果を午後に期待したい場合も、朝飲むという選択もできます。

 

ミルマグを便秘薬として服用する場合は空腹時に服用した方が効果が出やすいようなので、寝起きの空腹時に服用すれば効果が期待できそうです。

しかし服用から2時間程は何も食べない方が効果が出やすいので、朝飲む場合は朝食との時間差をつくりましょう。

 

効果の現れ方は人によって異なりますので、最初はお休みの日の朝飲むといいかもしれません。

<また、1リットルを超える牛乳と共に服用すると副作用が起きますので、牛乳を朝飲む習慣がある方は注意が必要です。

 

また、制酸薬として服用する場合は毎食後1〜2時間空けるか就寝前に服用することがすすめられています。

このようにひとつの薬でも、期待する効果によって用法用量が変わりますので必ずご自身の症状に合わせて服用してください。

 

また、副作用が少ないことで身体にやさしいというイメージと持つ方も少なくないと思いますが、マグネシウムの継続した摂り過ぎはよくありません。

規定内の量で服用し、症状が軽くなったら減らしていきましょう。

ミルマグを使いこなせば快適な生活ができますよ。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<
 

ミルマグは赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

便秘は大人だけでなく、こどもや赤ちゃんにも度々起きてしまいます。

ちいさいうちから便秘というのはとても心配ですよね。

 

ミルマグのようなマグネシウム系の便秘薬は刺激や副作用が少なく、クセにもなりにくいのでこどもにも処方されることが少なくないようです。

 

ミルマグには液体の内服液と、錠剤の内服薬があり、市販されているものの中には3歳児から服用できるものもあります。

飲食物に混ぜて服用することもできるので、こどもにも与えやすそうですね。

 

また、妊娠中や授乳中にも刺激性の便秘薬と比べると赤ちゃんに影響を与えにくい薬です。

赤ちゃんは胎便といって母体から受け継いだ毒素と老廃物を含んだ便を持って生まれてきます。

 

それが体内に廻るとアレルギー等の原因になることがあると言われていて、できるだけ早く排泄させてあげる必要があると考えられています。

赤ちゃんは生まれてから3日分の栄養分を抱えて生まれてくるので、生まれてすぐは母乳や産湯を与えなくても問題がないそうです。

 

胎便は自然に排泄されるものですが、10%に薄めたミルマグに、オリゴ糖等を加えて甘く調節したものを生まれたその日から飲ませるという方法を進めている方もいます。

しかし、ミルマグは便秘薬であると同時に胃薬でもあり、含まれるマグネシウム成分が腸まで届くことを考えると胎児や乳児に全く影響がないとは言えないかもしれません。

 

また、赤ちゃんが服用できるという記載のあるミルマグは市販されていないようですので、自己判断で服用させることはおすすめできません。

しかし胎便がうまく排泄されないのも不安ですよね。

 

医師から問題ないと言ってもらえれば、安心して服用させられますので、早めに相談しておきましょう。

 

また、授乳中はミルマグを服用しても効きが悪いことがありますが、水分が母乳にも取られてしまうことが影響していることも考えられるので、意識的に水分補給をしましょう。

ミルマグで母子ともに健康になれるといいですね。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<