ビューラックが起こす吐き気について

ひとくちに便秘と言ってもその原因は様々です。

腸の動きが悪くなって起こる便秘もあれば、食べる量が少ない等の理由から便がつくられにくい状態となり便秘になることもあります。

 

この後者が原因でビューラックを服用した場合は、吐き気や嘔吐等の副作用が起きる可能性が高くなります。

また、前者が原因の場合でも規定以上の量を服用した場合や体質、服用のタイミング等により、吐き気が起こる可能性があります。

 

ビューラックを服用後に吐き気が起きた場合は、ご自身の便秘の種類に合っていないか、用法を間違えている可能性が高いと考えられます。

原因としては、ビューラックの成分が腸を刺激して動かした際、腸の延長線上にある胃にも刺激が伝わってしまうことが考えられます。

 

また、本来腸内で溶けて効果を発揮するものが胃を通る段階で溶けてしまった場合、胃を直接刺激してしまうことになるので吐き気や嘔吐の症状がでてしまいます。

体内の性質として、胃の中は酸性、腸の中はアルカリ性となっています。

 

このことからビューラックなど大腸刺激性便秘薬は、アルカリ性の中で溶けるようにコーティングがされています。

そのため、牛乳やワイン等アルカリ性のものと胃の中で一緒になると、腸に行き着く前にコーティングが溶けてしまうのです。

 

空腹時に服用しなければいけないという理由もこのことからです。

さらに、下剤を使い排泄する際に、胃や腸内の大切なミネラル質も一緒にだしてしまいます。

 

このときカリウムを失うことが、吐き気の原因にもなります。

副作用を起こさないために、添付の注意書きをしっかりと読むことが重要です。

 

ビューラックは正しい方法で服用すれば、副作用が出る可能性が下がり、吐き気等の症状を抑えることができます。

下剤を服用すると具合が悪くなるという印象をお持ちだった方も少なくないと思いますが、しっかりと仕組みを理解して服用すれば、副作用を最低限に抑えて快適に便秘を解消できますよ。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<
 

ビューラックは腹痛を必ず起こす?

就寝前に便秘薬を服用して、翌朝早くに腹痛で目が覚めた。

そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、便秘薬の服用を考えている方で、腹痛が起きるのではないかと心配している方もいるかもしれません。

 

実際にビューラックを服用して腹痛が起きたという例もありますが、適量を服用していれば問題ありません。

しかしビューラックのような大腸刺激性の便秘薬は、文字通り大腸を刺激する成分でできているので、多少の腹痛は起きてしまう可能性があります。

 

痛みの大きさは人それぞれですが、ほとんどの場合短時間で治まります。

また、下剤ダイエットが一般化したことで、便秘ではないのに必要以上に服用し腹痛が起きるということが増えているようです。

 

便秘薬を常用することで規定の量では効かなくなり、規定の量よりも遥かにたくさん服用するようになっている方も少なくないようです。

過剰な服用は腹痛等の副作用を起こすだけでなく、腸の機能が低下してしまったり、症状が悪化すると腸閉塞にまで発展する場合があります。

 

便秘薬や下剤の乱用は、思わぬ病気につながることがあるのでおすすめできません。

あくまで持っている症状の改善のために服用するものということを忘れないでください。

 

ここまでの情報から、便秘薬を使うことに抵抗を感じるかもしれません。

しかし便秘による腹部の不快感やそれに伴う肌荒れや頭痛、そこから発生する精神的なストレスは、一時的な腹痛よりもつらいのではないでしょうか。

 

排出されるべきものが身体の中に留まっていると、新陳代謝の低下や自律神経に悪影響を与えます。ここからは思わぬ病気につながる可能性がないとは言えません。

ビューラックは、必要なときだけ規定量内を服用することでこの問題を解決してくれます。

 

我慢せずに、つらいときは薬に頼ることも選択として良いのではないでしょうか。

ビューラックは乱用しない限り身体への悪影響はないと考えられますので、安心して服用してください。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<
 

ビューラックは強い下剤?

便秘によるお腹の張りや不快感、肌荒れに日々悩まされている方も少なくないですよね。

それを解消するために、下剤を服用している方もいらっしゃると思います。

 

便秘薬のひとつとして販売されているビューラックの主成分であるビサコジルは下剤としての機能が高く、スッキリと排泄することを助けてくれます。

しかしビューラックには同時に腹痛や下痢、嘔吐といった副作用を伴う場合があります。

 

このような症状は必ず起こるものではなく、体質や体調によって現れる可能性があるというものです。

ビューラックは用法用量を守れば安全快適に使用することができます。

 

飲み始めは最低量、または規定の量より少ない量から服用すれば、過剰な反応は起こりにくく、様子をうかがうことができます。

また、注意書きにあるように、錠剤をかんだり、割ったり、つぶしたりせずにそのまま服用する。必ず空腹時に服用する。

 

制酸薬や牛乳は腸で溶けるべき薬を胃で溶かしてしまうので、飲んでから1時間以内は服用しない。

等のことはしっかりと守りましょう。

 

制酸薬(せいさんやく)とは、胃腸薬の一種で、胃酸を中和する医薬品です。

また、制酸薬は胃粘膜保護作用があるので、他の薬の吸収を妨げることもあります。

 

ビューラックは座薬の下剤とは違い、就寝前に服用して眠っている間にじっくり腸を動かして排泄を促してくれるので、適量であれば身体への負担は少ないはずです。

しかしセンナ等排便を促すお茶やサプリメントと併用すると、副作用を起こしやすくなりますのでお控えください。

 

第二類医薬品の便秘治療薬及び下剤であるビューラックは、購入の際もちろん薬剤師さん等に説明を受けることもできますが、基本的に服用者自身が効能や副作用の可能性を理解して使う必要があります。

 

それと同時に個人でも安全に使用できるように開発されていますので、安心して服用することができます。

しっかりと出して、ストレスのない生活を手に入れましょう。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<
 

ビューラックの正しい服用方法

刺激性便秘薬の服用方法にはいくつかの注意が必要です。

ビューラックもこの種類の便秘薬ですので、正しい服用方法を守る必要があります。

 

一番気になるのが服用から排泄までのタイミングではないでしょうか。

これは体質により違いが生じるのではっきりとは言えませんが、効果が現れるのに5〜7時間と考えられます。

 

ビューラックは「就寝前に服用すれば翌朝には自然な便通がある」と添付の注意書きに記載されていますが、必ず夜に服用しなければならないということではありません。

重要なのは、「空腹時に服用する」ということです。

 

胃の中にあるものと一緒に消化されてしまうと、本来腸内で溶けるはずのものが胃で溶けてしまい効果が現れなくなったり、副作用の危険が高まるからです。

就寝前なら通常満腹状態ではないはずですし、目覚めるまで飲食をしないので効果が現れやすいのです。

 

しかし朝は忙しくてトイレに長く入ることになったら困るという方も少なくないですよね。

その場合は日中の空腹時、食間に服用すれば、学校や仕事から帰宅後に便通がくるように調整することができます。

 

前にも書いたように効果が現れるまでの時間には個人差がありますので、最初はお休みの日に試して様子をみれば、その後も安心して服用することができそうです。

また、ビューラック添付の注意書きにある服用方法をしっかりと読みましょう。

 

特に赤字になっている「錠剤を壊して服用しないこと」、「制酸薬や牛乳をのんでから1時間以内は服用しないこと」というのは必ず守る必要があります。

1錠では刺激が強いと感じ、半分ならちょうど良くなるかもしれないと考えて錠剤をちいさくすることを考えることもあるかもしれませんが、逆に身体に負担がかかってしまいます。

 

また、牛乳はお腹にいいと考えて同時に摂ることも厳禁です。

妊娠中の方は必ずお医者さんに相談しましょう。

 

みなさんが安全に服用できるように服用方法や用量が考えられていますので、必ずこれらの服用方法を守ってくださいね。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<
 

ビューラックはどんな便秘薬?

大腸刺激性の便秘薬であるビューラックは、「ビサコジル」という消化管を検査するときや、手術前後に腸管内の内容物を排出させるために医療現場でも使われている成分を主成分としています。

この成分が大腸の粘膜を直接刺激することで、腸の運動を活発にしたり、腸内での水分の吸収を抑制するといった働きをします。

 

便秘薬を使用するメリットやデメリットは?

ビューラックはセンナ等の成分を含んだ生薬系の便秘薬よりも即効性があり、慢性的な便秘に悩んでいる人に適した便秘薬と言えそうです。

 

効果や効能としては、便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和となっています。ビューラックを寝る前に服用することで、翌朝自然に近いお通じが期待できます。

 

しかし便秘にはいろいろな原因が考えられるため、ビューラックが誰しもに効くとは言い切れません。

効果が現れにくいことや過剰に現れてしまうことも可能性としては考えられます。

 

また、ストレスや食生活、生活習慣が原因で便秘になっている場合は、根本的な生活の改善が必要です。

便秘薬は使わずに、できるだけ自然なお通じのある生活を目指すことが重要です。

 

そうはいっても重たいお腹を抱え、我慢しながら生活習慣の改善をしていくのは簡単ではありませんよね。

まずは便秘薬の助けを借りながら、徐々にバランスのとれた生活習慣を身につけていくことで自然なお通じのある生活を送ることにつなげていけそうです。

 

ビューラックが合う人合わない人

薬はどうしても体質によって合う合わないがあるので、高いお金を出したのに無駄にしてしまうこともありますよね。

 

しかしビューラックは十分な成分でつくられているにも関わらず低価格なので、試しに便秘薬を使ってみたいという方にも手に取りやすい薬です。

もし迷っているならば、試してみる価値はありますよ。

 

ただし健康状態によっては服用を避けた方がいい場合、副作用が出る場合もありますので、心配な場合は専門家に相談してください。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<