ビフィーナSは頑丈なカプセル(ハイパープロテクトカプセル)で保護された乳酸菌サプリメントです。

 

このカプセルのお陰で胃酸や胆汁酸、常在菌に負けないと言う訳ですが、飲み方をもう少しだけ工夫すればより一層効果的に飲むことが出来ると思います。

 

● 空腹時には先に何か物を入れてから

空腹時は胃酸濃くなってしまうので、カプセルが通常よりも溶けてしまう可能性が高くなります。

朝にビフィーナSを飲むのなら、冷たい水や冷たい牛乳と飲む飲み方が良いですね。

 

また、コーヒーには腸を刺激して排便を促す働きも有るので、良いと思います。

 

上品なレモン味なので基本的に何と合わせても大丈夫なのですが、便秘気味の方は乳酸菌飲料やヨーグルト、オリゴ糖等と摂ると良いですね。

 

● 朝飲むよりも夜飲む

便秘気味の方は朝出ない人が多いです。

朝出ない事も有り、朝トイレに行く習慣が無い人も多いので、ビフィーナSを夜飲んで、朝トイレに行く習慣を作るのも効果的です。

 

最初の内は便意が無いと思いますが、トイレに座って力む習慣を作る事は効果的で大切です。

また、「胃酸に負けるから乳酸菌を摂る事に意味は無い」と言う意見も有りますが、乳酸菌は老廃物と一緒に体外に排出されてその役目を終える時、不必要な物も一緒に巻き込みながら排出される働きが有ります。

 

ですので、ビフィーナSと乳酸菌飲料を一緒に飲む飲み方も効果的と言う訳ですね。

 

>>ビフィーナの詳細はこちらです<<
 

ビフィーナSは腸内を理想的な環境にする為に効果が有り、「耐酸性ダブルプロテクトカプセル」と呼ばれる胃酸で溶けないカプセルを使用しているので、一般的に市販されている乳酸菌を使用した商品の70倍以上の高確率で腸へと届きます。

 

スーパーやコンビニで販売されているヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌が配合されたサプリメントの多くは胃酸で分解されてしまい、期待するような効果は得られない場合が多いですからね。

 

ですが、ビフィーナSは胃酸に負けないと言っても限界が有ると思います。

起床時や空腹時はどうしても胃酸が濃くなってしまう場合が多いので、何かお腹に入れて胃酸を薄めてから飲むとより一層効果的だと思います。

 

「ダイエット中で、朝食は食べない派です」と言う方は、糖分等は基礎代謝で消費してしまうので、朝はヨーグルトや牛乳にビフィーナSを混ぜて飲むと良いと思います。

 

また、野菜ジュース等も健康的で良いですね。

ビフィーナSの味は爽やかなレモン味なのであまり邪魔する事は有りませので、わりとどんな飲み物でも合いますし、レモン味ですが乳製品がもろもろになる心配も有りません。

 

ビフィーナSは便秘や下痢になりにくい健康的な腸にする働きがあるので、アトピーや花粉症、過敏性腸症候群や大腸がんの予防や改善にも効果的です。

 

>>ビフィーナの詳細はこちらです<<
 

ビフィーナSは他の乳酸菌系の商品とは違い、「森下仁丹」だから安心して飲み続けられるとの口コミが多いですね。

 

スティック状に顆粒が入っているので、携帯しやすい事が嬉しいです。

サプリケースや小瓶を持ち歩くのも良いですが、ポケットとかに入れておけた方が飲み忘れの心配等も無いですからね。

 

ビフィーナSの口コミ どんな人に人気なのか?

 

腸内の善玉菌は食事環境等にもよりますが、年齢と共に減少傾向に有ります。

 

森下仁丹はかなりの老舗な事も有りますが、ビフィーナSの購入者は50歳代以上が大半で圧倒的に多いですね。

リピーター率も非常に高いです。

 

やはり、加齢と共に衰えて来る腸内環境に食事だけでは、乳酸菌等は満足に供給出来ていないのが現状ですので、ビフィーナSは高齢者様にも人気ですね。

 

それに、世間一般的に市販されている乳酸菌食品は、胃酸等で簡単に分解されてしまいます。

 

「生きて腸に届く」と宣伝されているヨーグルトは、確かに届きますが量が少な過ぎます。

ですので、ビフィーナSは口コミでも評価が高いと言う訳ですね。

 

ビフィーナSはヨーグルトを毎日食べるのが辛い人や、ヨーグルト自体が嫌いな人からの口コミも多く、顆粒状だからこそ毎日継続して飲む事が出来ると言う口コミも多いです。

 

>>ビフィーナの詳細はこちらです<<
 

ビフィーナSは乳酸菌が胃酸に負けないように、独自の厳重な二重カプセルで包んでいるので、腸へ届く頃には効果が無くなると言った事は有りません。

 

通常の乳酸菌系のサプリメントや薬は、確かに腸へと届くと効果が有る場合が多く、実際には胃酸に分解されてしまって意味が無い商品が多いです。

 

ですが、ビフィーナSは成分が腸へと届くように工夫して製造されているので、安心して飲む事が出来ますね。

 

ビフィーナSの成分について

ビフィーナSの主要成分は50億個以上のビフィズス菌と10億個以上の乳酸菌です。

更に原材料名も見てみると、

● エリスリトール   ● 食用油脂   ● オリゴ糖   ● マルトデキストリン

● ビフィズス菌   ● アシドフィルス菌末   ● フェーカリス菌末

● グ リセリン   ● 増粘多糖類   ● 乳化剤   ● 酸味料

● 微粒酸化ケイ素   ● pH調整剤   ● 香料   ● 着色料

● 塩化カリウム   ● 塩化カルシウム

 

ビフィーナSの全成分を見ると分かるのですが、腸内環境の向上に良いとされているオリゴ糖も配合されていますし、難消化性デキストリンも含まれていますね。

 

オリゴ糖に関してはラクチュロースと、ラフィノースと呼ばれる種類のオリゴ糖が成分として含まれているので、腸内の善玉菌の餌となり、便秘やオナラの原因となる悪玉菌を減らしてくれます。

 

難消化性デキストリンは厚生労働省から特定保健用食品として指定されている位の成分で、食事等で不足しがちな食物繊維を補ってくれる働きがあります。

 

>>ビフィーナの詳細はこちらです<<