「○○に効果があります!」などといっていても、実際にある分野には効果がありますが、その他の分野には害があるというような製品も世の中に出回っています。

ダイエットや便秘解消に効果を発揮するといわれている「オオバコ」はどうなのでしょうか?

 

いったいどんな栄養成分が含まれているのでしょうか?本当に害はないのでしょうか?

今回はオオバコ(多年草の一種)の成分に注目しどんな効果があるのか?

そしてどんな注意点が必要かを考察したいと思います。

 

オオバコの栄養成分について

まずはオオバコの「栄養成分」ですが、以下のものがあげられます。

・プランタギニン  ・フラボノイド  ・アウクビン

・コリン  ・粘液質プランタザン

これらのものを並べられてどうでしょうか?

素人的にはさっぱり分かりませんよね。

 

これらの名前は、昔の植物学者がつけた名前なのでしょうがありません。

それでも聞いた事があるものといえば「息リフレッシュ」に役立つ「フラボノイド」くらいでしょうか?

しかし分からないでは済みません。

 

実際に自分の身体に取り入れるものですので、もう少しだけ成分を分析していきましょう。

先ほどあげた成分たちは「繊維質」という構成状態で集められています。

 

オオバコの繊維質について

このオオバコの構成状態が、とっても重要で、体が必要としているものです。

この繊維質が、宿便などの体の残存物を流し去ります。

腸内はきれいになり、お通じは良くなります。

 

その繊維質も消化されていく過程で、各栄養成分になり、腸内に各栄養素として吸収されます。

たとえばその中のプランタギニンとアウクビンは、血液内に取り入れられた後、呼吸中枢にも直接作用します。

そして咳を静める作用をすることなどが知られています。

その他の成分も科学的に作られたものではありません。

 

すべて自然由来のものなので、身体に吸収されてもアレルギー反応を起こすような、大きく身体を損なうようなものは含まれていません。

実際その安全性から「特定保健用食品」として認可されています。

しかし一つ注意点があります。

 

オオバコを摂取する際の注意点について

妊娠している方、痩せている方は摂取しないほうがいいでしょう。

なぜかというとビタミン・ミネラルがオオバコにはほとんど含まれていないからです。

 

もともとダイエットの方が食べたらよいものなので、妊娠している方痩せている方など、栄養をたくさん摂取しないといけない人には悪効果です。

特別害があるわけではありませんが、家族が食べているからといって自分もいつも食べないほうがいいでしょう。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

生活で辛いことの一つは便秘です。

なぜ人は便秘になるのか?

女性に多いパターンはデスクワークでトイレに行きたくても行けないケースが多い場合、宿便が長い時間腸に留まるためです。

 

宿便が溜まるとどうなる?

宿便が溜まると、仕事をしていても手に付かず、いつもお腹の辺りが気持ち悪い感覚に襲われますよね。

それでは集中力が妨げられ、会社でも配慮に欠けるようになり、仕事の質にも影響が出ると言うものです。

 

しかし宿便の最大の障害は「女性の美しさが損なわれる」ことでしょう。

いわゆる「宿便太り」と言われる症状になってしまいます。

 

おなかに溜まってしまって流れていかない排泄物が文字通り腸を膨らませてしまっているためです。
自分の体型がいつも気になっていると人前に出たくなくなります。

 

ではどうしたら「宿便」という敵をやっつけたらよいのか?

おなかの問題は外側から解決しても意味がありません。

つまりはガードル、痩せて見える服などでは解決にならないのです。

それではもっと便秘が悪化してしまいます。

 

今、宿便による便秘の解決方法として注目を浴びている方法は「オオバコ」と言われる野草を使う方法です。

 

オオバコは宿便に有効的?

簡単に言うとオオバコとは繊維質の豊富な野草です。

オオバコは便秘に効果があるのでしょうか?

すごくあります!

 

なぜオオバコに便秘解消効果があるのか?

オオバコを使ったサプリメントには繊維質が豊富に含まれています。

イメージとしてはその繊維質が身体の宿便を根こそぎ取り去るという感じです。

 

しばらく服用するだけで、もう効果適面と感じている人は多いようです。

オオバコサプリメントを飲み始めて数日後、おなかの張りは解決され、お通じも良くなります。

いままでずっと苦しんでいたのがうそのようです。

 

一般的に宿便に有効だと言われている食事について

いままでは便秘の解決方法として、納豆などの発酵食品を食べたり、ツボを刺激したり、便秘薬を服用したりするのが主要な方法でした。

 

しかしいずれも効果が現われるまでに時間がかかったり、効果のほどが疑わしかったり、副作用を考える必要がありました。

 

しかしオオバコによる便秘の解決は「安全」かつ「効果適面」なので、画期的な便秘解消法として注目を浴びているのもうなずけます。

それでも皆さんそれぞれの便秘解決法があるので、これらの情報を参考にして、自分にピッタシのものに出会えることを願っています。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

ダイエットをする上でいろいろな縛りがある人がいます。

医者から内臓系の治療を目的として、「糖質制限」をかけられている人などがそうです。

 

何故、糖質制限中に便秘になってしまう?

しかし糖質をあまり取らないと便は硬くなり、便秘を引き起こし、便秘になると太ってしまうという悪循環になってしまうのです。

ですから糖質制限のある方は、栄養学を考慮し、賢くダイエットしなくてはいけません。

さて糖質制限のある方はまずはどんなものに糖質が含まれているか、ざっと知っておく必要があるでしょう。

 

糖質制限中に気をつけたい事について

砂糖などの糖類は言うまでもありませんが、日本人の主食となるご飯にも結構糖分が含まれています。

ですからご飯は控えめでなくてはいけません。

 

次に主食となりうるのはパンでしょう。

しかしパンの材料である小麦粉にも糖分含まれています。

では何を食べればいいのという話になります。

 

糖質制限中の注意点

しかしここで覚えておいたほうがいいのは医者は「糖質制限」をかけているのであって「糖質禁止」といっているのではない点です。

人間食欲というのがありますから、食欲を過度に我慢しながら、栄養も不足するようなダイエットはほぼ確実に失敗します。

 

成功させる為に

「糖質制限」のある方のダイエット成功のカギは「食欲も満たしつつ、限られた糖質のある食料の範囲内で美味しいものをたくさん食べる」となります。

普通の人は一日に250~300g程の糖質を摂取していますが、糖質制限のある人は個人差はあるでしょうが、多くて100g、少なくとも50gほどに抑えないといけません。

(参考:ご飯一杯には50gの糖質が含まれています)

 

つまりご飯一杯分の糖質でいかに3食分おなか一杯になるか、これが賢さが必要になってくる方法。

基本知識をお分かちしたところで、ここでいくらか糖質制限ダイエットの具体的な方法をお伝えしましょう。

例えば「小麦粉」を少し用意します。

それに小麦粉に似た粉末の「オオバコ」を用意します。

 

オオバコは何が良い?

オオバコは小麦粉に似ていますがコレだけで小麦粉のように使用すると、モチモチの玉になってしまいます。

よって小麦粉とオオバコを混ぜて、そこに水を加えこねます。

 

身体の状態に合わせて塩も少し入れます。

それをフライパンで焼いたものはいわゆるインドのナンのようなものになります。

これが結構美味しく、主食となります。

基本カレーなどのおかずはスパイスと水と野菜なのであまり気をつけなくても大丈夫、おなか一杯食べてもダイエットできるのです。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

ニキビは青春のシンボルと言われていた時代はもはや過ぎ去りました。

そのフレーズ自体がもはや時代遅れだからなのではなく、今やニキビは若者だけの問題ではないからです。

 

ニキビは「若い」から出来る?

そう、大人の悩みでもあるのです。近頃は20代、30代の人でもニキビで悩まされている人が増えてきているようです。

おそらく昔と比べて食生活が変わってきたからでしょう。

 

食生活が変わるとなぜニキビになる人が増えるのか?

昔は脂分の取りすぎが皮膚に出るとされていました。

若い時代はどうしてもファーストフードに行くことも多いし、お肉などを食べる機会も多いからです。

 

しかし最近は、基本は家で食事するような健康そうな食生活を送っていそうな人もニキビができることがわかっています。

確かに脂分とニキビには関係があるのですが、それだけではありません。

 

原因として分かってきていることは、消化器系の疾患と関係があるということです。

特に大腸内に宿便のようなものが溜まりやすい人はニキビになりやすいといわれています。

宿便として腸内に滞留している便は毒素を生み出していきます。

 

「宿便」とオオバコの関係は?

腸内にある毒素は大腸壁を通して血液内に入り込みます。

これらの毒素は通常方法では排出されないために、ニキビという形で排出されるというメカニズムです。

つまりまずは「便秘」の解決からというわけです。

 

◯ 便秘が習慣化しているとなかなか難しい

でも便秘というのはすこし厄介です。

便秘体質なのか、病気によってお通じが悪いのかによって対処法が違うからです。

体調が全体的に落ちるときに便秘になっているなら整腸薬のような一時的なお薬で対処すればいいでしょう。

 

しかし便秘体質の人は別です。

整腸剤を飲み続けると身体に抗体ができて効かなくなったりします。

もっと便秘がひどくなるのです。

便秘体質を改善するのは自然の生薬が良いと言われています。

例えば、「オオバコ」サプリなどは有名です。

 

オオバコの効能について

オオバコなどの野草には消炎、利尿、整腸を促がす成分が入っています。

昔の人はそういう野草をいつも食していたので自然と腸内管理もできていたのでしょう。

 

オオバコなどは粉状になっていて小麦粉のような感じです。

あんまり高くはないので、毎日少しずつ飲むと毎朝便がドッサリ出ます。

長い目で見るとニキビという病気は体の管理から始めるとよいというのが今の見方です。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

便秘の人が良く陥りがちの失敗例は整腸薬をいつも持ち歩くという失敗例です。

便秘になるとすぐに整腸薬を飲むだけでなく、便秘になりそうなとき、便秘になったら困るときになどにも事前の保険として飲むなどの方もいます。

 

便秘で整腸剤が手放せそうに無い場合

あなたはどうでしょうか?

もし整腸薬が全くの自然由来の天然薬なのであればそれでも大きな危険はないかもしれません。

 

しかし大抵の整腸薬はもちろんある種の菌など有効成分が含まれているのですが、大抵は人工のものです。

またその有効成分以外にもたくさんの人工製品が含まれているので、要は化学薬品なのです。

 

とにかくその場の腸の流れを良くするのが整腸薬の目的なのであって、定期的に服用することは目的とはされていないのです。

もしいつも(特に強めの)薬を服用しているとどうなるのでしょうか?

 

便秘薬を摂り過ぎてしまうとどうなる?

この化学薬品でないと排便作用を起こすことができない身体になってしまいます。

強い薬以外では便は出てこなくなり、腸では発酵作用が進んで、有毒ガスが充満します。

これは大腸がんの原因となります。

 

便秘という状態を避けたいという安易な気持ちが、身体を悪循環に持っていってしまうのです。

ずっと整腸薬を服用していると以前より効かなくなります。

 

便秘薬がそのうち効かなくなるのは何故?

それは体が薬に抗体を持つようなるからです。

するとうんこが出てもスッキリしないということになります。

 

この悪のスパイラルから抜け出す唯一の方法は、化学薬品である整腸薬の服用をやめることです。

そしてその他の方法で便秘という問題に取り組みます。

 

整腸薬以外にも便秘を解消させる方法は幾つかあって、例えば麦科食物繊維ハーブを摂取する方法があります。

これは別名「サイリウムハスク」と言われています。

 

サイリウムハスクは何が良い?

どういう作用をするのか分かりやすくするために例を挙げましょう。

ハンバーグを作るときにただひき肉だけでは整形することができません。

「つなぎ」がないからです。

でも卵などの「つなぎ」入れれば楕円形の形に整えることができます。

 

サイリウムハスクの効果も同じようなものでいわば「うんこのつなぎ」の働きをします。

サイリウムハスクに腸内の便たちが絡まっていき一緒に出て行くというイメージです。

 

飲んだ人は実際とっても便秘に効くので、結局この方法を採用しています。

こうした自然由来の便秘改善法に切り替えることによって、整腸薬に頼ってしまう悪循環から抜け出せます。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

下痢体質の人はたくさんいらっしゃいます。

下痢体質の方は一年中ほとんどお腹を壊しています。

健康な大便を見るほうが逆に少なく、ほとんどがゆるいうんこです。

 

下痢は「体質」として諦めるべき?

まあ慣れっこになってしまえばたいしたことはないのですが、おなかを壊している状態は通常とは違うので、何か身体に以上があることのサインであることを見落としてはいけません。

 

実際下痢体質の人は自分がなぜいつもおなかを壊すのか十分に把握していません。

もちろん「腸が強い、腸が弱い」はあるのですが、むしろ下痢体質の人はその食習慣と関係があります。

 

下痢になる原因とは?

医者から言わせるとおなかを壊す原因の多くは食事中の脂分です。

下痢体質の方が脂分を摂取すると、とくに動物性の脂分を摂取すると消化不良を起こして、便は固まらず、そのまま水分と一緒に出てきます。

 

おそらくその傾向がある人が、とんこつラーメンのスープを飲むなどすればほぼ100パーセントこの状態になるでしょう。

なぜかというと、腸内の悪玉菌はこの脂分を栄養素として活発化します。

悪玉菌が増えると腸の働きはダウンしてしまい下痢となるのです。

 

ラーメンを食べてお腹を壊したからといって、そのラーメン屋が清潔でなかったと文句を言うのは筋違いです。

衛生状態が原因ではなく、悪玉コレステロールを取ったことが原因であることを覚えておきましょう。

 

ですから、下痢体質の人はできるだけ動物性の脂を取らない様にすることによって一年中お腹を壊している状態から開放されます。

でも・・・下痢体質なだけで、基本的に身体は健康な人はお肉も食べたいでしょうし、とんこつラーメンも食べたいでしょう。

 

下痢体質を改善する方法について

もうひとつ方法があります。

それはこの脂分を悪玉菌に取らせないようにする方法です。

 

身体に摂取された脂分を悪玉菌が摂取する前に、取り除いてしまうという方法なのですが、いくらか方法があります。

例えばですが、「サイリウムハスク」を使う方法があります。

 

サイリウムハスクについて

難しい横文字ですが、要は繊維質の多い麦科の食物です。

このサイリウムハスクを食事前にいくらか食べると、食事中に摂取した脂分を巻き込んでしまうのでもちろんすべてではありませんが、悪玉菌に吸収されずに排出できます。

 

サイリウムハスクのもう一つの効果は、膨張作用で、摂取すると体の中で膨らみます。

満腹感を刺激するので、早めに麺を食べた後スープも飲みたいとは思いません。

下痢に悩まされている人はこれらの方法を積極的に試すと、健康な生活を遅れるでしょう。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

便秘対策もいろいろありますが、一番重要といわれているのは副作用があるかないかです。

ある種の整腸剤や便秘薬は確かに効果がありますが、化学薬品のために、身体に抗体がついてしまって効かなくなったり、他の疾患の原因になったりすることもあります。

 

整腸剤の副作用について

まずは整腸剤の副作用を取り上げましょう。

整腸剤はその名の通り、本来は腸の調子を整えるものという意味なのですが、実際には下痢がひどくなることがよくみられます。

 

特に整腸剤を飲んでいるときに、喉などに炎症を起こし抗生剤を服用すると一気に下痢がひどくなることがあります。

また人によっては、発疹・発赤、かゆみなどの副作用がみられることで知られています。

 

便秘薬の副作用について

次に便秘薬の副作用を取り上げましょう。

便秘薬の主要成分は「酸化マグネシウム」です。

酸化マグネシウムは常習的に摂取してしまうと、「高マグネシウム血症」という症状が生じます。

 

高マグネシウム血症で死に至った例もあります。

とくに腎臓に欠陥がある人に見られる症状ではありますが、ようは安易に便秘薬を服用するのはとっても危険であるということです。

これらは便秘のときによく使用されるものでしたが、どちらにしても結局は化学薬品であるために副作用の心配を拭うことはできません。

 

◯ ではどんなものが便秘に良いのか?

オオバコという野草から作られたサイリウムハスクは昔から有名です。

サイリウムハスクの特徴は大きく二つあり、ひとつは繊維質が大量に含まれている点です。

この繊維質が便秘の元となる脂分や宿便を除き去ってくれますので、次の日にはすっかりお通じが良くなるというものです。

 

ですから便秘薬、または浣腸剤のように摂取したらすぐに効果があるものではありません。

しかし次の日には効果があります。

 

サイリウムハスクには副作用は無い?

でもやはり心配なのは副作用です。

サイリウムハスクは特定保健用食品に選ばれる位なので安心でしょう。

なぜなら化学薬品ではないからです。

基本、副作用はないのですが、でも妊婦と痩せている人は摂取を控えたほうが良いようです。

 

サイリウムハスクの副作用について

それはこのサイリウムハスクには膨張作用があるからです。

実はこのサイリウムハスクは便秘の人だけでなくダイエットをしたい人も服用します。

なぜなら胃のなかで量が30倍にも膨れ上がるからです。

 

本来栄養を摂取しなくてはいけない妊婦や痩せている人が飲んでいると、栄養不足に陥ってしまいます。

しかしこのオオバコ製品にも粗悪商品も多いので気をつけましょうね。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

便秘やダイエットに効果があると言われているがサイリウムハスク(オオバコ)です。

しかし実際に多くの人が購入後に感じることは、そのまま飲んでも、水に混ぜて飲んでも、美味しくないという点です。

 

どうすればサイリウムハスク(オオバコ)を美味しく摂取することができるのでしょうか?

いままで多くの人が試してみて好評だった飲み方を特集してみました。

 

1、ジュースに混ぜるという飲み方。

一番メジャーな方法です。

小さじ1杯分(5g)くらいのサイリウムハスクの粉末をコップ一杯のジュースに混ぜて飲みます。

コツは二つあります。

 

サイリウムハスクの飲み方のコツ(その1)

一つ目のコツは「入れて混ぜてすぐ飲む」という点です。

もしすぐ飲まないならどうなるのでしょうか?

オオバコの特徴として水に入れると徐々に凝固していきます。

凝固してだまになった状態だと飲みにくいでしょう。

 

サイリウムハスクの飲み方のコツ(その2)

二つ目のコツは、ジュースを飲んだ後に水も大目に飲むという点です。

なぜかというと、このオオバコは膨張するという特徴があります。

ざっと30~40倍にも膨れ上がります。

 

もし粉末が喉に残ったらどうなりますか。

膨れてとても気持ち悪い状態になってしまいます。

 

2、サイリウムハスクを料理して摂取する。

粉末のサイリウムハスクは見た目小麦粉に似ており、ある程度同じような使い方できます。

しかし水と混ぜると白くはならず、ところてんのように半透明になります。

 

それで、サイリウムハスクと小麦粉を混ぜたものでお好み焼きを作るというのもいいでしょう。

水と混ぜた後そのまま焼いてナンのようなものを作っている人もいます。

 

3、カプセル状のサイリウムハスクを飲む

サイリウムハスクには粉末だけでなく、サプリになったカプセル状のものもあります。

それらのタイプは飲みやすいので、全く問題ないのですが、一つ注意点があります。

 

◯ サイリウムハスクの注意点

カプセル状のタイプは粗悪品もたくさんある元々粉末状のものをカプセルの形にするにはある程度の会社の技術が必要です。

まだ技術が習熟されていない会社は、あまり身体に良くない凝固剤を混ぜ込み、とにかくカプセル状にしています。

 

それでカプセル状のサイリウムハスクを購入する際は、その会社がある程度名が通っている会社か確認しましょう。

これらの3つの飲み方を駆使すれば、無理なくオオバコダイエットができるに違いありません。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

サイリウムハスクの摂取量はどれくらいにしたらいいのか?

メーカー推奨値と人間に必要摂取量の2つの観点から考察してみましょう。

 

摂取量について

まずメーカー推奨の摂取量からです。

大抵このように書かれています。

「成人と12歳以上の子供は1日1~3回、1回小さじ1杯を召し上がってください。」

小さじ一杯とは約5gの事を指します。

それを一日一回から三回飲めば効果があると言っているわけです。

 

必要摂取量について

続いて人間必要摂取量の観点からです。

人間が一日必要な食物繊維の摂取量は10~15gと言われています。

つまりちょうどメーカーの推奨値通りに飲めばピッタシの必要摂取量をまかなえるというわけです。

 

子供にサイリウムハスクを与える時は?

ちなみに子供が便秘でそのサイリウムハスクで便秘改善をしたい場合は、ほぼ半分の量に摂取量を抑えなくてはいけません。

でも他の食物からも食物繊維を摂取しているのではないでしょうか?

そのように感じるかもしれませんが、現代の食生活では正直ほとんど食物繊維を摂取できていません。

 

昔はどの国も自分の家で野菜を育てて食べてきました。

ほとんどの地の産物からは食物繊維を摂取することができていました。

ごぼう、たけのこ、菜の花などにはたくさん食物繊維が含まれています。

 

昔は日本の食卓では普通にそれらのものを食べていたので、優に一日15gのノルマに達していたのです。

しかし今では食習慣が変わり、肉、魚中心の食生活へと変化しました。

おかずのメインは今や野菜ではありません。

 

自然と日本人は食物繊維が不足するようになり便秘体質の人が増えてくるようになったのです。

もう一つ食物繊維の摂取量の点でサイリウムハスクが優れている点があります。

それは食物繊維の種類と関係があります。

 

◯ 食物繊維には2種類有る?

大きく分けて食物繊維は2種類、水溶性と不溶性とがあります。

どちらも便秘解消に効果があるのですが、ゴボウやサツマイモなどの不溶性の食物繊維ばかりを摂取するとかえって便秘を悪化することが分かっています。

 

専門家は水溶性と不溶性両方の食物繊維をとるのが一番良いといっています。

サイリウムハスクは水溶性の食物繊維で柔らかく排便が楽な便を作るのに最適な食材です。

それを一日15gきちんと取ることによって初めて健康なお通じライフを経験できるのです。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

ダイエットの停滞期の脱出方法とはなんでしょうか?

ここで言う停滞期はダイエットをする人の気が緩み、ダイエットを怠る期間のことを言っているのではありません。

 

停滞期について

ダイエットをずっと真剣に取り組んでいるにもかかわらず体重の変化がほとんど見られなくなる一定の期間の事を指します。

ほとんどの方がこの一定期間を経験し、もう頑張っても意味がないと感じ、ダイエットをあきらめてしまいます。

どうして停滞期というものが訪れるのでしょうか?

脱出方法は何ですか?

まずはどうして停滞期が訪れるのか考察していきましょう。

ダイエットをする期間、人間はカロリー摂取量が極端に減ります。

ざっと今までの半分から3分の1ほどになるでしょう。

 

カロリー摂取量が減ると、一ヶ月に5kgくらいは簡単に減るでしょう。

このときに停滞期というのが訪れます。

身体は摂取カロリー減ってきたことを覚え始め、少ないカロリーでも体を維持できるように変化するからです。

 

◯ 具体的な数値について

いままで腸を100のエネルギーが通過していたとします。

そのうち半分の50のエネルギーを身体は栄養として摂取してきました。

しかし停滞期に入ると100のエネルギーのうちの80を身体に蓄えようと変化するのです。

 

この時にダイエットをやめるのが一番危険で、200のエネルギーを摂取するとどうなりますか?

160のエネルギーを身体は溜め込んでしまうのです。

つまりリバウンドするのです。

では続いて、脱出方法を考察していきましょう。

 

ダイエットの停滞期、脱出方法の考査について

この停滞期の期間は、もちろん人によって差があるのですが、短くて1ヶ月、長くて3ヶ月です。

つまりこの期間体重が減らなくても、努力を続けなくてはいけません。

 

やはり身体この期間を過ぎると、やはりエネルギー不足と感じ、再び体内の脂肪分をエネルギーとして摂取しようとするのです。

 

◯大切な事はやはり

続いて必要なのは、ダイエットを続けることです。

停滞期の1~3ヶ月もダイエットを続けましょう。

そうすれば再び体重は減り続け、体がスマートになった状態で、身体はもう予備のエネルギーはないと判断し、再び停滞期に入ってくれるのです。

 

このとき真の低燃費高性能のスーパーな身体を手に入れることができるのです。

希望の体重まで痩せたからといって普通に戻したらすぐにリバウンドするので気をつけましょうね。