3aマグネシアを朝飲む場合には

3aマグネシアは主成分である酸化マグネシウムが腸内の水分を集め保湿することで腸が動きやすくなり、かなり自然に近い状態で排便を促してくれるという緩下剤です。

 

3aマグネシアは普通の下剤とは何が違う?

刺激性の便秘薬のように即効性がない場合もありますが、腸を自発的に運動させゆっくりと便秘を緩和していきます。

 

用法には1日1回大人で3〜6錠とされており、就寝前に多めの水と共に服用するのが最も効果的なようです。

就寝前に服用することで、翌朝の食事後に便意が訪れるということが多く実感されています。

 

しかし体質によって効果の現れ方は異なるので、1日3回2錠ずつというような服用方法をとっている方もいるようです。

3aマグネシアは副作用がちいさく、クセにならないとされていますが、過剰摂取をすれば副作用は起きてしまいます。

 

副作用のひとつとして血圧低下の作用をする場合があるので、朝飲む場合には特に注意が必要です。

できるだけ必要なときに必要な分だけ服用することを心がけてください。

 

また、朝飲む等就寝前以外に服用する場合は、食後に服用すると効果が出やすいと感じている方が多いようです。

病院から酸化マグネシウムが処方される場合も食後の服用をすすめることがほとんどのようです。

 

効き目の実感は人それぞれなので、ご自身に最適なタイミングを探してみてください。

便秘になると普段は何でもないことが憂鬱になったりしますよね。

 

3aマグネシアは服用するタイミングが自分で選べるので、忙しい方や不規則な生活をしている方にも取り入れやすいのではないでしょうか。

就寝前は飲み忘れてしまうことも多そうなので、朝飲む習慣をつけておくのもいいかもしれませんね。

 

しかし効き目がどのように現れるかわからないので、はじめはお休みの日や時間に余裕のある日に服用してみることをおすすめします。

3aマグネシアはコツを掴むことで、とても便利に活用できます。

ご自身のライフスタイルに合わせた服用方法をぜひ見つけてください。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<