3aマグネシアは慢性便秘の救世主?

慢性的な便秘や妊娠中の便秘に悩んでいる方も少なくないですよね。

特に妊娠中は服用できる薬も制限されますので、我慢するしかないとあきらめている方も多いと思います。

 

しかしこれなら妊娠中の方や授乳中の方も服用できる場合があります。

慢性的な便秘の方も、下剤で腹痛を起こしながら無理矢理排便したり、下剤に耐性ができてしまいたくさんの量を服用するようになってしまっている方も多いと思います。

 

ここから救ってくれるのが3aマグネシアです。

これは酸化マグネシウムが主成分となっていて、腸に刺激を与えるのではなく水分を集めてくることで、硬くなって留まっている残留便を軟らかくして排便を促してくれます。

 

腹痛はなく、耐性もないのでくせにならず安心して服用を続けることができます。

また、3aマグネシアは便秘体質そのものを改善してくれる効果も期待できます。

 

頑固な残留便の排出を助けてくれるので、慢性的な便秘の原因のひとつである残留便が排出できれば腸の動きもよくなります。

耐性がないので、調子が良くなってきたら飲む量を減らすことができるというのもうれしいですね。

 

しかし誰でもすぐに効果が現れるというわけではありません。

服用を初めてすぐに効果が出なくてもあきらめないでください。

これは徐々に残留便に水分を与えていくものですので、時間がかかる場合があります。

 

また、下剤の乱用により腸が弱くなっている場合にも即効性は期待できません。

ある程度のスパンをみて続けてみましょう。

 

つらい便秘と一生付き合っていく覚悟をしている方も少なくないと思いますが、3aマグネシアが解決してくれるかもしれません。

体質だから仕方がないとあきらめる前に、試してみる価値はありますよ。

 

3aマグネシアの服用を続けていて、量を変えていないのに便がゆるくなったと感じたら便秘改善のサインです。

徐々に量を減らして、最終的には何も服用せずに自然な排便ができる健康的な身体づくりをしていきましょう。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<
 

3aマグネシアでダイエット効果も

便秘が太る原因となることをご存知ですか?

便秘だとなぜ太るのかというと、便秘になると腸内の便が消化や吸収の邪魔をするのと同時にゆっくり消化していくことになるので糖分や脂肪分を必要以上に吸収してしまう可能性があるからです。

 

また、常に腸へ負担がかかっている状態になるため、基礎代謝の量が減りカロリー消費を妨げてしまいます。

このことから便秘と肥満には強い関係があると言えるのではないでしょうか。

 

そんなとき3aマグネシアで便秘体質の改善ができれば、ダイエットがラクになるはずです。

腸内に留まっている宿便を排泄することで体重が減ることもありますし、腸への負担が減ることで代謝が上がり運動がより効果的になることが期待できます。

 

また、ダイエット中に便秘になってしまったという方も少なくないと思います。

これは食事制限等により食べる量が減ることで便をつくる材料が足りなくなっていたり、食物繊維などの摂取量が減ってしまうことが原因と考えられます。

 

食事制限は急激に量を減らすのではなく、塩分や糖分、脂肪分の摂取を減らしていくことが大切です。

充分な量を食べずに排泄はしっかりするというのは難しいことです。

 

食べたものは3aマグネシウムの力を借りて排泄していけば、痩せやすい身体をつくることが期待できます。

しかし便秘の改善により体重が落ちても、ある程度で止まってしまいます。

 

ダイエットには適度な運動ももちろん必要です。

そして身体を動かすことにより腸の動きもよくなるので、より自然な排便ができるようになります。

3aマグネシアを服用した際、すぐに効果が現れなくても焦ってはいけません。

 

これは徐々に体質を改善していくものですので、むやみに量を増やしたりしないでください。

食事、運動、排泄をバランスよく行っていけば、理想の体重や体型を手に入れるのもそう遠くないかもしれません。

 

3aマグネシアでダイエットをするのではなく、ダイエットを強力にサポートしてくれるものとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<
 

3aマグネシアを飲んでも出ない原因

朝のお通じを期待して就寝前に3aマグネシアを服用したのに出ない、という経験を持つ方もいるかもしれません。

そのため翌日は量を増やしたにも関わらず、やっぱり出ない、なんていうこともあるかもしれません。

 

しかしこれは3aマグネシアが全く効いていないのではなく、残留便の固まり方がひどく、軟らかくするのに時間がかかっている場合や、腸自体が弱っているためにうまく働いてくれない、さらに水分補給不足等が原因として考えられます。

3aマグネシアは主成分である酸化マグネシウムによって、自然に近い排便をもたらすものですので、ゆっくりと様子を見てみてください。

 

酸化マグネシウムは医薬品として使われることが多く、病院でも緩下剤としてよく処方されます。

身体がもともと持っている排便作用に近いため、身体への負担も少ないとされています。

 

また、酸化マグネシウムは海水からつくられる天然由来成分ですが、体内に吸収されにくく、比較的副作用も少ない成分です。

粒子が尖っているため腸壁に留まることができ、水分が腸壁に吸収されてしまうのを防ぎます。

 

そのため腸内の水分を保つことができ、腸の動きを助けたり残留便に水分を与えることができるのです。

このことからもわかるように、3aマグネシアを服用する際は、しっかりと水分補給をすることで効果が上がると言えそうです。

 

これまで出ない経験があった方でも、今一度服用方法を見直していただき、正しく服用すれば効果がでるはずです。

しかし同時にバランスの良い食事や規則正しい生活習慣を身につけること、1日2リットルを目安とした水分補給を心がけていくことも大切です。

 

3aマグネシアは服用を続けることで効果が上がることが期待できますので、しばらく続けてみることをおすすめします。

用量の目安も大人で1日1回3〜6粒と幅を持たせてあるので、体調や便秘の具合に合わせて服用していけば、晴れやかな気分で過ごせるようになるはずです。

 

上手に調整してストレスのない生活を送りましょう。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<
 

3aマグネシアの副作用

5歳のこどもから服用することができる3aマグネシア。

刺激性の下剤のような腹痛を起こすことは少ないですが、副作用が全くないとは言えません。

 

可能性として、激しい腹痛、吐き気・嘔吐、強い眠気や意識低下、立ちくらみ、脈拍の低下、息苦しさ、筋力の低下、口の渇き等の副作用が起こる場合があります。

これらの症状は過度の服用や体調により、便がゆるくなりすぎて下痢をすることで脱水症状になったり、体内のミネラルバランスが崩れることが原因と考えられます。

 

正しく服用した場合このような症状は極めて起きにくいので、あまり心配する必要はありません。

また、継続して服用することでマグネシウム中毒や高マグネシウム血症になる可能性があります。

 

マグネシウム中毒は、腎臓の働きが悪い場合にマグネシウムが体内にたまりやすくなって起こるものです。

腎臓の病気を持っている方、治療経験がある方は、3aマグネシアを服用前に専門医に相談してください。

 

高マグネシウム血症は、マグネシウムの摂り過ぎが原因となります。

マグネシウム中毒と高マグネシウム血症の症状としては、低血圧や呼吸抑制、昏睡等が挙げられます。

 

このような副作用の症状を感じたら、すぐに服用を止めて医師に相談してください。

必ず回避できる副作用として、3aマグネシアへの依存が挙げられます。

 

この依存とは身体が求めるものではなく、精神的なものになってきますので注意してください。

あくまで便秘薬は排便を助けるものとして服用する薬ですので、便秘ではないときに服用したり、症状が緩和されているのに服用量を減らさずに飲み続けることはおすすめできません。

 

また、大人は3粒〜という用量の記載がありますが、人によっては1粒で効果が現れる場合もあります。

風邪薬等とは違い、ご自身が効果を感じることができる用量を服用すれば問題ありませんので、無理に規定量を服用する必要はありません。

 

本来は薬が必要ない部分なので、身体の持つ力を信じてみてください。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<
 

3aマグネシアを朝飲む場合には

3aマグネシアは主成分である酸化マグネシウムが腸内の水分を集め保湿することで腸が動きやすくなり、かなり自然に近い状態で排便を促してくれるという緩下剤です。

 

3aマグネシアは普通の下剤とは何が違う?

刺激性の便秘薬のように即効性がない場合もありますが、腸を自発的に運動させゆっくりと便秘を緩和していきます。

 

用法には1日1回大人で3〜6錠とされており、就寝前に多めの水と共に服用するのが最も効果的なようです。

就寝前に服用することで、翌朝の食事後に便意が訪れるということが多く実感されています。

 

しかし体質によって効果の現れ方は異なるので、1日3回2錠ずつというような服用方法をとっている方もいるようです。

3aマグネシアは副作用がちいさく、クセにならないとされていますが、過剰摂取をすれば副作用は起きてしまいます。

 

副作用のひとつとして血圧低下の作用をする場合があるので、朝飲む場合には特に注意が必要です。

できるだけ必要なときに必要な分だけ服用することを心がけてください。

 

また、朝飲む等就寝前以外に服用する場合は、食後に服用すると効果が出やすいと感じている方が多いようです。

病院から酸化マグネシウムが処方される場合も食後の服用をすすめることがほとんどのようです。

 

効き目の実感は人それぞれなので、ご自身に最適なタイミングを探してみてください。

便秘になると普段は何でもないことが憂鬱になったりしますよね。

 

3aマグネシアは服用するタイミングが自分で選べるので、忙しい方や不規則な生活をしている方にも取り入れやすいのではないでしょうか。

就寝前は飲み忘れてしまうことも多そうなので、朝飲む習慣をつけておくのもいいかもしれませんね。

 

しかし効き目がどのように現れるかわからないので、はじめはお休みの日や時間に余裕のある日に服用してみることをおすすめします。

3aマグネシアはコツを掴むことで、とても便利に活用できます。

ご自身のライフスタイルに合わせた服用方法をぜひ見つけてください。

 
>>3Aマグネシアの詳細はこちらです<<