ミルマグは妊婦さんの便秘にも使える?

妊娠してから便秘になったという妊婦さんも少なくないのではないでしょうか。

原因はホルモンバランスの変化や子宮による腸の圧迫、ストレスや摂取した水分が赤ちゃんに取られてしまい十分な水分を腸に届けられないということが挙げられます。

 

また、いきむと流産や赤ちゃんが出てきてしまうのではないかと心配することにより我慢してしまい、妊婦さんが便秘になってしまうこともありそうです。

実際にはある程度いきんでも赤ちゃんに影響はないようなので、しっかりと出しましょう。

 

便秘は母体や子宮に負担をかけることもあるので、ためらわず医師に相談してください。

また、妊婦さんの場合つわりによる食欲低下から便秘になることも多いようです。

 

ミルマグは制酸剤としての効能も持っており、胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、胃部膨満感、胃もたれ等の症状を緩和してくれます。

服用するタイミングによって胃で効くか腸で効くかが調整できるので便利です。

 

妊娠中は内蔵機能が低下するので、このような薬は活躍しそうですね。

しかし、妊娠中や授乳中に服用したい場合は、服用する前に必ず医師に相談をしましょう。

 

ミルマグは副作用が少なく、こどもからお年寄りまで使える薬ですが、妊娠中は普段と体質が変わっているので安全を確立させることが大切です。

ミルマグは身体への負担がちいさく、ストレス性の便秘に向いているので妊婦さんの便秘時に活躍してくれそうですね。

 

ミルマグは水酸化マグネシウムまたは硫酸マグネシウムを主成分としており、便秘体質の改善と便秘に伴う肌荒れや吹出物等の症状を治してくれます。

マグネシウムは胃や腸を直接刺激するのではなく、腸では水分を集めたり、胃では胃酸を中和して不快感を取り除いてくれます。

 

過剰な摂取は副作用につながる危険がありますが、規定量を守って服用すれば問題は起こりません。

妊婦さんもミルマグを上手に服用すれば、出産までの間も快適に過ごすことができそうですね。

 

>>ミルマグの詳細はこちらです<<