ビューラックは腹痛を必ず起こす?

就寝前に便秘薬を服用して、翌朝早くに腹痛で目が覚めた。

そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、便秘薬の服用を考えている方で、腹痛が起きるのではないかと心配している方もいるかもしれません。

 

実際にビューラックを服用して腹痛が起きたという例もありますが、適量を服用していれば問題ありません。

しかしビューラックのような大腸刺激性の便秘薬は、文字通り大腸を刺激する成分でできているので、多少の腹痛は起きてしまう可能性があります。

 

痛みの大きさは人それぞれですが、ほとんどの場合短時間で治まります。

また、下剤ダイエットが一般化したことで、便秘ではないのに必要以上に服用し腹痛が起きるということが増えているようです。

 

便秘薬を常用することで規定の量では効かなくなり、規定の量よりも遥かにたくさん服用するようになっている方も少なくないようです。

過剰な服用は腹痛等の副作用を起こすだけでなく、腸の機能が低下してしまったり、症状が悪化すると腸閉塞にまで発展する場合があります。

 

便秘薬や下剤の乱用は、思わぬ病気につながることがあるのでおすすめできません。

あくまで持っている症状の改善のために服用するものということを忘れないでください。

 

ここまでの情報から、便秘薬を使うことに抵抗を感じるかもしれません。

しかし便秘による腹部の不快感やそれに伴う肌荒れや頭痛、そこから発生する精神的なストレスは、一時的な腹痛よりもつらいのではないでしょうか。

 

排出されるべきものが身体の中に留まっていると、新陳代謝の低下や自律神経に悪影響を与えます。ここからは思わぬ病気につながる可能性がないとは言えません。

ビューラックは、必要なときだけ規定量内を服用することでこの問題を解決してくれます。

 

我慢せずに、つらいときは薬に頼ることも選択として良いのではないでしょうか。

ビューラックは乱用しない限り身体への悪影響はないと考えられますので、安心して服用してください。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<