アルコールとビオフェルミンsの相性

日常的にアルコールをたくさん摂取している方の中にも、ビオフェルミンsの愛用者は少なくないようです。

アルコールは飲み過ぎると腎臓や肝臓はもちろん、胃腸にもダメージを与えます。

 

これにより徐々に内蔵の機能を悪くしたり、アルコールの分解機能が衰えることで二日酔いを起こしやすくなっていきます。

乳酸菌は胃酸やアルコール等で死滅しやすいので、食前やアルコールと共に摂取すると効果が現れにくいという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし実はビオフェルミンsに含まれる乳酸菌が、これらの症状を抑える働きをしてくれるのです。

薬やサプリメント、食べ物等から摂取した乳酸菌を、生きたまま腸まで届けるというのは簡単なことではありません。

 

しかし、乳酸菌が死滅すると効果が全くなくなるというわけではなく、腸内に住んでいる善玉菌の栄養価になり善玉菌を増やしてくれるようです。

また、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる働きがあるので、乳酸菌と一緒に摂取すると効果が上がることが期待できます。

 

乳酸菌が直接アルコールの処理や二日酔いに効くわけではありませんが、腸内の善玉菌を保つことで間接的にこれらの症状を和らげてくれるのです。

さらにビオフェルミンsは腸内環境を良くしてくれるので、お酒を飲んだ次の日にお腹を下しやすい方の味方にもなってくれそうですね。

 

普段からビオフェルミンsを服用して腸内環境を整え、身体全体の免疫力を上げておけば飲み過ぎた次の日も不快感なく過ごせそうです。

体質によっては服用しすぎることにより便秘等の副作用を起こすこともありますが、身体に悪いものではないので様子をみながら服用するタイミングや用量を調節してみてください。

 

これまで二日酔いは避けられないものだと受け入れていた方も、ビオフェルミンsの服用を始めることで回避できるようになる可能性があります。

日常的な悩みも、案外簡単なことで解決してしまうかもしれませんね。

 

>>ビオフェルミンの詳細はこちらです<<