善玉菌 授乳中

女性が妊娠や出産をしますと、急激にホルモンバランスが崩れてしまい、便秘がちになってしまいます。

それ以外にも子宮が大きくなると腸が圧迫されてしまうのも便秘の原因にもなりますし、神経が過敏になっている時期でもありますから、ストレスも多く掛かっていると思います。

 

ストレスが掛かると悪玉菌が増加しやすいですし、そこに慢性的な便秘が起こると、悪循環になってしまい、さらに症状がひどくなる可能性があります。

できるだけ、のような悪循環を断ち切るためにも、乳製品を食べたり、サプリメントを使用したりして、善玉菌を積極的に取りいれるようにしましょう。

 

妊娠している時や出産後の授乳中の時期に善玉菌を摂取しても良いのだろうかと悩んでいる方は多いと思います。

元々体内の腸内細胞を体の中に取り入れる訳ですから、危険ではありませんし、赤ちゃんにも影響はないでしょう。

 

しかし、加工されている乳製品やサプリメントの場合は、どんな成分が配合されているか分からないので、危険な場合もあります。

食べ物から善玉菌を取る場合でも、市販されている乳製品などはおいしく頂くために、加工されている場合がほとんどで、成分までキッチリと確認しておく必要があります。

 

サプリメントの場合であっても、人体に影響を与える医薬品成分が含まれている物もありますから、きちんと成分表示を読んでから購入する必要があります。

そうしないと、自分だけではなく、授乳中の赤ちゃんにまで影響が出る可能性があるかもしれません。

 

成分を心配されている授乳中の方や妊娠している方に、特にお薦めしたいのがフジッコの「善玉菌のチカラ」です。

このサプリメントは、他の薬と併用してでも大丈夫と言われるぐらい安心と言われていまして、食べ物のような感覚で飲めます。

ですから、授乳中や妊婦の方だけではなく、小さいお子さんが飲んで頂いても大丈夫です。

 

やはり、いくら体に良いものであっても安心して頂けないと意味がありませんので、その点を注意して、善玉菌を摂取した方が良いでしょう。

それに、毎日食物繊維やヨーグルトばかりだと飽きてしまいますから、気軽なサプリメントの方がお薦めです。

同じ物を食べてばかりで、かえってストレスになる事もありますから、そこら辺は柔軟に対応するようにして下さい。

 

>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す