善玉菌 寿命

出産後は、便秘がちになってしまいますので、乳製品を食べたり、プチ断食をしたりする人はたくさんいます。

そういった状況でも赤ちゃんに健康的な母乳を与えられる事はできるのでしょうか。

 

便秘になると、食生活などの生活習慣の見直しをする場合がほとんどですが、授乳中の方は特に気を付けて下さい。

赤ちゃんへの母乳も大事になりますから、なるべくバランスの良い健康的な食事をして、善玉菌を摂取して、無理なく便秘を改善するようにして下さい。

 

善玉菌は、母乳を通して赤ちゃんの腸に伝わるといった研究結果も発表されています。

よく母乳を飲んで、免疫機能が伝わると言われていましたが、これの事でもあると思いますので、できるだけ直接母乳をあげる方が良いということでしょうか。

 

この事からも分かるように、母親の腸内環境のバランスを良くしている必要があるでしょう。

そうしてあげないと、赤ちゃんに良い母乳をあげられないという事でもありますから、しっかりと健康管理をして、母子共に安心安全にして、すくすくと育っていって欲しいですね。

 

良い母乳をあげるためにも授乳中の母親が、善玉菌を摂取した方が良いのです。
善玉菌の寿命は、体内に摂取してから約2週間と言われていて、体内で作り出す事もできません。

ですから、寿命である2週間以内に定期的に、乳製品からでも良いので、摂り続けないといけません。

 

少し大変かもしれませんが、できれば毎日摂取した方が良いですし、自分だけではなく、赤ちゃんのためにも必要な事になります。

しかし、2週間の寿命があるからといって毎日乳製品を食べるのは辛いですし、飽きる場合もあるでしょう。

 

それに生きたまま腸に届かせるのは困難な場合が多く、授乳中でも安心して飲める物が好ましいのではないのでしょうか。

数々ある乳製品やサプリメントの中でも、フジッコの「善玉菌のチカラ」は、母子共に安心できますし、生きたまま腸に届ける事ができます。
それに、カロリーも低カロリーであり、出産後の体型に悩んでいる方にもお薦めできますから、食生活に影響を与えません。

 

出産後の授乳中の方で、便秘で悩んでいる人がいましたら、間違った断食をせずに、安心して頂けるものを選ぶようにして下さい。

 

>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す