善玉菌 減少 原因

アレルギー性鼻炎の影響で、頭痛がしたり、ぼーっとしたり、鼻声になったりする症状を和らげるためにも、善玉菌を増やした方が良いでしょう。

増やした方が良いですけど、何もしなければ、増える所か増々その数が減少していってしまいます。

 

だからこそ、定期的に乳製品を食べて、運動をして、その数を増やす努力をしなければならないのです。

腸内から善玉菌が減少してしまうと、当然ですが悪玉菌が増えてしまいますし、その逆も然りです。

 

この二つの菌は争っているような感じで、バランスが成り立っていますから、悪玉菌が増えると減りますので、悪玉菌が増えないようにしないといけません。

悪玉菌が増える原因は、ストレスを溜めこんだり、不規則な生活をしたりすれば、そうなると言われています。

 

また肉ばかりを食べる等の偏食をしていると、善玉菌を殺してしまう事になりかねませんので、食生活に気を付けないといけません。

腸内環境は主に生活環境に左右されるのですが、ビフィズス菌等の減少の原因は年齢にも関係があります。

 

高齢になってくると、腸内細菌のビフィズス菌などの数が減少し、それに伴いウォルシュ菌などといった悪玉菌の数が増加するのです。

胃液や消化液の分泌が衰える事によって、この現象が起きると言われていて、歳を重ねている人ほど、腸内環境の事をもっと気を付けないといけないのです。

 

このようなメカニズムによる原因で、腸内環境のバランスが崩れるようになっています。

特に歳を重ねている人は、腸内の善玉菌が減っていきますから、積極的に増やしていった方が良いと思います。

 

歳を重ねていない人でも、体質的な問題はありますが、突発的に頭がぼーっとする症状も起こるアレルギー性鼻炎に罹る可能性がありますので、生活環境も併せて、気を付けて下さい。

悪玉菌が増え続けると、アレルギー性鼻炎や便秘といった症状だけではなく、生死に関わる病気に罹る可能性も十分にありえるのです。

 

それを防ぐために、フジッコの「善玉菌のチカラ」といったサプリメントや乳製品を食事に取り入れ、運動をして、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

高齢の方の場合は、運動をするのも大変ですから、サプリメントを使用した方が手軽で良いかもしれませんね。

 

>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<

 

コメントを残す