ラクティス(乳酸菌)の効果は?他とは何が違うのか

ラクティス(乳酸菌)は善玉菌を新しく取り入れると言うのでは無く、元々共生している善玉菌を増やす効果の有るサプリメントですね。

 

オリゴ糖や酪酸菌に近い効果が期待出来ると言う訳で、メリットとしては、自分の腸内の善玉菌を増やせる事です。

 

現在市販されている乳酸菌系の商品の殆どは、プロバイオティクス(簡単に言うと生きた状態で腸に届く)では無い場合が多く、体の中の色々な酸(胃・胆汁)等に溶かされてほぼ死滅してしまいます。

 

更に、腸内に元々居る善玉菌にも攻撃されてしまう対象(外敵)になりますので、生きた(効果の期待出来る)状態では腸に届かない事が殆どだと思います。

 

ですが、乳酸菌の凄い所は、死滅した状態でもある程度の悪玉菌を排出する事が可能だと言う事ですね。

 

その点、ラクティス(乳酸菌)は、私達の腸内で元々生息している善玉菌を増やす事が可能なので、腸内環境を良くしたりお腹まわりをすっきりさせる効果が期待出来ると言う訳ですね。

 

ラクティス(乳酸菌)の効果についてですが、下痢気味や便秘気味、過敏性腸症候群等で悩む人に効果が期待出来る反面、効果が出過ぎてしまい、一過性の下痢等を引き起こしてしまう事も有るみたいです。

 

その場合はラクティス(乳酸菌)を飲む間隔をあけたり、飲む量を減らしたりしながら効果的に飲むと良いですね。

 
>>ラクティスの詳細はこちらです<<
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す