ビューラック 下剤

便秘によるお腹の張りや不快感、肌荒れに日々悩まされている方も少なくないですよね。

それを解消するために、下剤を服用している方もいらっしゃると思います。

 

便秘薬のひとつとして販売されているビューラックの主成分であるビサコジルは下剤としての機能が高く、スッキリと排泄することを助けてくれます。

しかしビューラックには同時に腹痛や下痢、嘔吐といった副作用を伴う場合があります。

 

このような症状は必ず起こるものではなく、体質や体調によって現れる可能性があるというものです。

ビューラックは用法用量を守れば安全快適に使用することができます。

 

飲み始めは最低量、または規定の量より少ない量から服用すれば、過剰な反応は起こりにくく、様子をうかがうことができます。

また、注意書きにあるように、錠剤をかんだり、割ったり、つぶしたりせずにそのまま服用する。必ず空腹時に服用する。

 

制酸薬や牛乳は腸で溶けるべき薬を胃で溶かしてしまうので、飲んでから1時間以内は服用しない。

等のことはしっかりと守りましょう。

 

制酸薬(せいさんやく)とは、胃腸薬の一種で、胃酸を中和する医薬品です。

また、制酸薬は胃粘膜保護作用があるので、他の薬の吸収を妨げることもあります。

 

ビューラックは座薬の下剤とは違い、就寝前に服用して眠っている間にじっくり腸を動かして排泄を促してくれるので、適量であれば身体への負担は少ないはずです。

しかしセンナ等排便を促すお茶やサプリメントと併用すると、副作用を起こしやすくなりますのでお控えください。

 

第二類医薬品の便秘治療薬及び下剤であるビューラックは、購入の際もちろん薬剤師さん等に説明を受けることもできますが、基本的に服用者自身が効能や副作用の可能性を理解して使う必要があります。

 

それと同時に個人でも安全に使用できるように開発されていますので、安心して服用することができます。

しっかりと出して、ストレスのない生活を手に入れましょう。

 

>>ビューラックの詳細はこちらです<<
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す