糖質制限 オオバコ

ダイエットをする上でいろいろな縛りがある人がいます。

医者から内臓系の治療を目的として、「糖質制限」をかけられている人などがそうです。

 

何故、糖質制限中に便秘になってしまう?

しかし糖質をあまり取らないと便は硬くなり、便秘を引き起こし、便秘になると太ってしまうという悪循環になってしまうのです。

ですから糖質制限のある方は、栄養学を考慮し、賢くダイエットしなくてはいけません。

さて糖質制限のある方はまずはどんなものに糖質が含まれているか、ざっと知っておく必要があるでしょう。

 

糖質制限中に気をつけたい事について

砂糖などの糖類は言うまでもありませんが、日本人の主食となるご飯にも結構糖分が含まれています。

ですからご飯は控えめでなくてはいけません。

 

次に主食となりうるのはパンでしょう。

しかしパンの材料である小麦粉にも糖分含まれています。

では何を食べればいいのという話になります。

 

糖質制限中の注意点

しかしここで覚えておいたほうがいいのは医者は「糖質制限」をかけているのであって「糖質禁止」といっているのではない点です。

人間食欲というのがありますから、食欲を過度に我慢しながら、栄養も不足するようなダイエットはほぼ確実に失敗します。

 

成功させる為に

「糖質制限」のある方のダイエット成功のカギは「食欲も満たしつつ、限られた糖質のある食料の範囲内で美味しいものをたくさん食べる」となります。

普通の人は一日に250~300g程の糖質を摂取していますが、糖質制限のある人は個人差はあるでしょうが、多くて100g、少なくとも50gほどに抑えないといけません。

(参考:ご飯一杯には50gの糖質が含まれています)

 

つまりご飯一杯分の糖質でいかに3食分おなか一杯になるか、これが賢さが必要になってくる方法。

基本知識をお分かちしたところで、ここでいくらか糖質制限ダイエットの具体的な方法をお伝えしましょう。

例えば「小麦粉」を少し用意します。

それに小麦粉に似た粉末の「オオバコ」を用意します。

 

オオバコは何が良い?

オオバコは小麦粉に似ていますがコレだけで小麦粉のように使用すると、モチモチの玉になってしまいます。

よって小麦粉とオオバコを混ぜて、そこに水を加えこねます。

 

身体の状態に合わせて塩も少し入れます。

それをフライパンで焼いたものはいわゆるインドのナンのようなものになります。

これが結構美味しく、主食となります。

基本カレーなどのおかずはスパイスと水と野菜なのであまり気をつけなくても大丈夫、おなか一杯食べてもダイエットできるのです。

 

>>オオバコの詳細はこちらです<<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す